2013年05月18日

2013年優駿牝馬(オークス)G1





今年G1未勝利のKUBOCCHIですもうやだ〜(悲しい顔)

明日は第74回オークスG1ぴかぴか(新しい)

さて桜花賞の展開の読みはバッチリだった決定

が、

結果は1着アユサン、2着レッドオーヴァルのディープインパクト産駒のワンツー

でも、

ハイペースで嵌った感じふらふら

似たようなレースがあった

アンライバルドが勝った皐月賞

ダービーは超不良馬場だったとはいえ完敗

さて、

今年のオークスは

未知の2,400mを警戒して絶対にスローペース

桜花賞とは違う目

嵌って勝ったディープインパクト産駒アユサンとレッドオーヴァルには休んでもらおう

ペースを握るのはやはり16番武豊のクロフネサプライズexclamation

今回は早くも逃げ宣言

何か突きかける馬がいるかどうかだがおそらくいないとみた

折り合いやスタミナ、左回り特性etc...

初志貫徹、本命は大外18番トーセンソレイユ手(チョキ)

桜花賞は痛恨の出遅れバッド(下向き矢印)

しかも鞍上シュタルケが焦って前半で脚を使い7着に敗退

しかし今回は偶数枠の18番、一番最後にゲート入りするグッド(上向き矢印)

願ってもない枠ではないか

今回はトーセンの主戦外国人騎手ウィリアムスグッド(上向き矢印)

トーセンジョーダンの天皇賞、ジャパンカップを見れば頼もしい

相手はクロフネサプライズの前残りと

1番人気5番鞍上ウチパクのデニムアンドルビー(この馬はは強いかも?)がく〜(落胆した顔)

そして鞍上岩田康成に乗り替わった2歳女王ローブティサージュの巻き返しグッド(上向き矢印)

馬連5−18,9−18,16−18

3連単は5番、16番、18番のボックスでどうだ

もちろん18番の単勝もexclamation

荒れるオークス、穴党の性分がとんでもない予想をさせる

by 懲りない馬バカわーい(嬉しい顔)手(パー)






posted by KUBOCCHI at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/362125454

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。