2012年12月22日

2012年グランプリ有馬記念G1



今年もいつの間にか押し迫ってきました。

明日はもうグランプリ有馬記念G1です。

今年も惨敗続きでしたがダービー、ディープブリランテで久々に快勝しいい気分でグランプリを迎えています。

さて、今年のグランプリですが、

ジャパンカップ1着、2着馬のジェンティルドンナとオルフェーブルが回避しました。

ここまでの臨戦態勢を考えれば致し方ありません。

ここが重要なポイントです。

有馬記念はいかに余力が残っているか?

KUBOCCHIの本命は皐月賞、菊花賞を勝った13番ゴールドシップぴかぴか(新しい)

今年の共同通信杯でKUBOCCHI本命のディープブリランテを差し切った強さは

強烈に印象に残っていますがく〜(落胆した顔)

ローテーションといい実力といい1番人気とはいえ外せません。

しかし、その次は…

対抗は14番ビートブラック、春の天皇賞馬です決定

今夏の有馬記念は人気馬が差し追い込みタイプ。

小回り中山競馬場でコーナーを4回まわる有馬記念は先行馬有利exclamation

それに、

天皇賞、ジャパンカップを勝つ気で行った9番ルーラーシップや

2番エイシンフラッシュ、10番ダークシャドウはもう一杯一杯でしょうふらふら

ただ3着はあるかもしれませんひらめき

馬連13−14

3連単

13−14−(1,6,9,10,15,16)マルチで夢を買います

あと忘れた頃の武豊8番トレイルブレイザー

今年の教訓ですがく〜(落胆した顔)

3連単ボックス

8-13-14

8-13-15

それと今年いい思いをさせてくれた岩田ジョッキーの1番ローズキングダムの復活を期待わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

今年もKUBOCCHIの夢馬券見て下さった方

ありがとうございましたm(__)m

by 懲りない馬バカわーい(嬉しい顔)手(パー)





posted by KUBOCCHI at 22:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。