2012年11月24日

2012年ジャパンカップG1





明日ジャパンカップぴかぴか(新しい)

ヨーロッパまで遠征に行き世界最高峰凱旋門賞にトライ

おそらく2,350mまでは世界一だった日本馬17番オルフェーヴル

結果は14番ソレミアに差され首差の2着

世界一になりそこねたもうやだ〜(悲しい顔)

このジャパンカップで両馬は再戦する

迎え撃つ日本馬は他に先のG1天皇賞を久しぶりに勝った8番エイシンフラッシュ

同2着、3着の4番フェノーメノと13番ルーラーシップ

それに今年の牝馬3冠馬15番ジェンティルトンナ

こういう構図であるが

KUBOCCHIの本命は10番ダークシャドウグッド(上向き矢印)

前走天皇賞は4着であったが明らかに馬体重が重かった

今回はしっかり搾り鞍上にはミルコ・デムーロまで配備

勝負気配を感じる手(グー)

対抗はやはり心情的にも頑張ってほしい17番オルフェーブル

馬連で10−17

ただオルフェーブルは海外遠征帰りで凱旋門賞をメイチで仕上げ

今回は明らかに前回より落ちるところに一抹の不安が

3着もありえる?

そこで15番ジェンティルドンナ

もしかしたらあのブエナビスタやウォッカの上を行く

最強牝馬かもしれないと個人的に思っている

それに斤量53キロは有利

鞍上はダービーでお世話になった岩田ジョッキーだ決定

それと1戦1戦強くなつている4番フェノーメノ

ちょっと疲れが心配だが3歳の成長力に期待exclamation

頑張ってほしい馬はこの4頭

エイシンフラッシュは前走が最高のパフォーマンス、2度はできない

ルーラーシップはやはり出遅れ癖、性格は急には治らない

この2頭は消しバッド(下向き矢印)

3連単 4番、10番、17番ボックス 10番、15番、17番ボックス

まさかのオルフェーブル失速も考え

3連単 4番、10番、15番ボックス

頑張れニッポンexclamation

by 懲りない馬バカわーい(嬉しい顔)手(パー)







posted by KUBOCCHI at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/303696209

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。