2012年06月23日

2012年宝塚記念G1





今年の春競馬G1シリーズもついに最終戦exclamation

ずっと追いかけ続けてきたルーラーシップがついに本格化した決定手(チョキ)

明日の宝塚記念は7番ルーラーシップ(鞍上ウィリアムス)から

馬単7→(1,6,9,11,15)

念のためウラも馬単(1,6,9,11,15)→7

3連単は格で考えて6,7,11のボックスでexclamation

11番オルフェーブルにも復活してほしい揺れるハート

お楽しみは3連単11→10→7(誕生日&ラッキーセブン)ぴかぴか(新しい)

今年前半のG1競馬最後に笑うのはルーラーシップるんるん

by 懲りない馬バカわーい(嬉しい顔)手(チョキ)



posted by KUBOCCHI at 23:38| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オルフェーブル復活したね・・。親父は黄金旅程で母系の親父つまり爺さんは、早くに他界した葦毛のマックだっけ?どうもオルフェーブルが栗毛というのは想像つかないけど、勝ててよかったねと言いたいです。
Posted by おはる at 2012年06月29日 22:50
おはるさん、こんばんは。
今回のオルフェーブルは随分おりこうさんでしたね。
パドックでも静かでゲートも問題なく、道中しっかり折り合いもつき、ここぞというとき鋭い脚で抜け出し危なげなく5冠達成しました。
しかし、ルーラーシップは巡り合わせの悪い運のないお馬さんですね。
3歳時はお坊ちゃんで僚馬ヴィクトワールピサやライバルたちのの陰に隠れ、本格化したら年下にとんでもない化け物がいた。海外でしかG1獲れないかもね。
Posted by KUBOCCHI at 2012年06月30日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。